1 会社設立の登記


 会社には、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類があります。それぞれに特徴など違いはありますが、中でも株式会社は社会的な認知度も高く、金融機関や取引先からの信用も得やすい会社といえるため多くの方は株式会社を選択されています。

 また、会社法の施行により最低資本金制度の撤廃や役員の数も緩和されたため、以前と比べて株式会社が設立しやすくなりました。(資本金1円、出資者兼取締役1名で株式会社を設立することも可能です。)

 当事務所では、会社設立時だけではなく、今後のお客様の方針に沿って設立内容を考え、かつ設立登記が完了するまでの全ての手続について、お客様にご満足頂けるかたちでご説明し、かつ迅速に対応させて頂きます。

 これから起業を考えておられる方や、個人事業を法人化したい方、子会社や関連会社を作りたい方など、会社設立を考えておられる方は、お気軽にご相談下さい。

 

2 ご依頼いただいた場合の手続の流れ


 株式会社設立手続の一般的な流れは以下のようになります。

お電話又はお問合せフォームからのお問合せ

・具体的な内容が決まっていない段階でも、まずは一度お気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちらへ

 

     

面談、電話またはメールにて打ち合わせ

・司法書士が直接具体的なお話を伺います。

・その際、社名・本店所在地・事業の目的・資本金・役員構成など会社の設立事項の打ち合わせをさせていただきます。同時に手続に必要な印鑑証明書の取寄せをお願いすることになります。

・なお、「会社設立日」は、法務局に登記を申請した日になりますので、「会社設立日」のご希望がございましたら予めお申し付け下さい。

・会社設立事項が決まった後に費用の概算をお伝えいたします。

 

     

目的等の選定など

・決定した会社設立事項に基づき調査・ご提案いたします。

 

     

会社実印の作成

 ・法務局に登録する会社の実印を作成していただきます。

 

     

定款及びその他必要書類の作成

・決定した会社設立事項に基づき定款及びその他必要書類を作成いたします。

 

     

定款及びその他必要書類の内容の確認・捺印

・ご意向どおりの内容になっているかどうか最終確認いただいた後、実印にてご捺印いただきます。

・このときに登記費用の最終見積もりをいたします。

 

     

公証人の定款認証

・株式会社の定款には、公証人の認証が必要になります(当事務所は電子定款認証に対応しています)。

 

     

資本金の払込み

・定款認証が終わりましたら、資本金を出資者代表の方の口座にお振込みいただきます。

 

     

その他必要書類の作成

・当事務所にて、「払込みがあったことを証する書面」等の書面を作成して、実印にてご捺印いただきます。

 

     

登記申請

・株式会社設立登記の申請書類を作成して、管轄法務局に登記を申請いたします(当事務所はオンライン申請に対応しています)。

登記申請日が会社設立の日になります。

・なお、登記を申請して1週間から10日程度で登記が完了します。

 

     

登記完了

・登記完了後、設立された会社の「登記事項証明書(登記簿謄本)」・「印鑑証明書」・「印鑑カード」などをお渡しいたします。 

 

3 費用について


 株式会社設立登記の費用は、「司法書士の報酬」と「登録免許税・定款認証手数料等の実費」の合計額をお支払いいただくことになります。その他必要書類を当事務所で取寄せる場合は、それらの費用も発生します。

 司法書士報酬
  10万円〜

あくまで概算であり、具体的な内容等により異なります。また報酬には別途、消費税・日当がかかります。

 登録免許税・定款認証手数料等の実費
 案件により異なりますので、まずは一度お気軽にお問合せください。

 
お問合せフォームはこちらへ

 

▲このページのトップに戻る