1 債務整理について  


 債務整理とは、消費者金融・クレジットカード・住宅ローン・連帯保証人などの理由で多額の借金や多重債務を背負った際に、法律を使って借金を整理し、生活の再建を図るための手続きです。

 債務整理を分類すると、主に任意整理自己破産個人再生の3種類の方法があります。他に、過払い金が発生している場合には過払金返還請求という方法、借金は残っているが5年以上返済も借入もしていない場合には時効を主張する方法もあります。

 

2 債務整理手続の選択


 
これまでの説明で、債務整理には数種類の方法があることが分かりました。これは、それぞれの状況に合わせた手続があるからです。

 以下が各手続の主な比較表です。

  任意整理 個人再生 自己破産
手続きの概要

弁護士や司法書士が債権者と借金の減額や返済方法などを話し合い、和解を交渉する手続

裁判所に申立てを行い、債務を一定の範囲で減額した上で、再生計画に基づき原則3年間一定金額を計画どおりに返済することで、残りの債務が免除される手続

裁判所に自己破産の申立を行い、一切の債務を免除してもらう手続

メリット

・裁判所を利用しない 
・法定利率に従って引き直し計算するため借金の金額が少なくなる可能性がある 

・整理後は将来利息が付かない

・住宅を手放さなくてよい場合がある 

・資格制限がない

・借金が全部なくなる

デメリット

・信用情報機関にその旨が載るため、一定期間新たな借金やクレジットでの買い物は出来ない

・信用情報機関にその旨が載るため、一定期間新たな借金やクレジットでの買い物は出来ない

・財産が処分されてしまう
・資格制限がある
・信用情報機関にその旨が載るため、一定期間新たな借金やクレジットでの買い物は出来ない 

対象者  債務がある方

・将来継続的な収入が見込める方
・債務の総額が5,000万円以内(住宅ローンは除く)

 債務の返済が不能になった方
財産処分の有無  財産処分の必要無し  住宅を除く財産処分の可能性がある  換価可能な財産は原則処分される
連帯保証人への影響  影響がある  影響がある  影響がある
官報に載るかどうか  載らない  載る  載る
期間の目安(事案によります)  約2ヶ月  約6ヶ月  約6ヶ月
司法書士報酬(消費税・実費は別途)  3万円(1社につき)  25万円〜  20万円〜


 どの手続を選択するかについては、ご相談者様と直接お会いして、借金の総額・取引年数・家計の状況等を伺い、どのような方法で借金問題を解決したいかをご相談いただき、ご相談者様に最適の手続きをご提案いたします。

 借金問題を解決して生活の再建を図ることは、相談するという少しの勇気があれば可能です。

 例えば

 

 ・毎月の返済が難しい

 

 ・返済しても利息ばかり取られて元本が一向に減らない

 

 ・借金の返済のため新たな借金をしている

 

 ・とにかく借金を減らしたい 

 

 ・今は返せているけど、来月から収入が減る

 

 ・借金から解放されたい

 

 ・支払いが遅れ、督促の電話がかかってくる

 

 ・返済のことで頭がいっぱいになる

 

 ・利息を払い過ぎている気がする

 

 ・払い過ぎている借金があるって本当?

 これらのうち一つでも該当することがあれば、ご自分一人で悩まずになるべく早くご相談ください。


お問合せフォームはこちらへ 

  

▲このページのトップに戻る